FC2ブログ

デートでの最適な座席位置 - 夏海ヒロの恋愛力向上ブログ

夏海ヒロの恋愛力向上ブログ ホーム » スポンサー広告 » デート » デートでの最適な座席位置

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デートでの最適な座席位置

2016年4月の熊本県を中心とする九州地震で
亡くなられた皆様のご冥福をお祈りするとともに、
被災された皆様、今も大変な思いをされている
皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。



夏海 ヒロです。



以前、夏海ヒロとは別名で、ブログに
恋愛コラムみたいな記事を書いていた
ことがありました。


複数人による共同プロジェクトみたいな
もので、もう今はやっていないんですが、
そこに載せようと準備してて、結局
お蔵入りになった記事をお送りします。


いつもの「ですます調」じゃないので
皆さんには違和感があるかもですが、
今後は常体(である調)の文章も
書いていきますので、ご了承下さい(^^)


今回のテーマは、デートの時の
座る位置について、です。



・・・


女性との初デートの時、飲みに行く時、

席は向かい合うのではなく、
横並びに座るのが良い


というのは、巷の恋愛コンサルタント達が
皆同じことを言うせいか、定説というか
常識になりつつある。


特に、「初デート」では、

ゼッタイに横並びに座ること!
でないと、うまくいくものも
うまくいかなくなる!!


・・・くらいなことまで言われている。



しかしオレは、ちょっと待った!
と言いたい。



確かに、横並びに座る方が優れている
点もあるのだけど

実はデメリットも多い

とオレは思っていて、今回はその部分を
掘り下げてみようと思う。


そもそもなぜ、初デートでは、
(別に初デートじゃなくてもいいの
だけど、話をわかりやすくするため)
男女は、並んで座るべきという
「横並び説」が有力視されているのか?


一番よく言われている理由は、
以下の2点だろうと思う。



理由1:
向かい合うのは、心理学的に
「敵対の位置」なので、相手との
緊張感が生まれてしまい、仲良く
なりづらいから



理由2:
物理的に距離があるので、体の
距離を縮めにくいから




・・・



一見、なるほどと思える理由だ。


だが、ちょっと考えてみてほしい。


まず理由1。


面と向かって座ると、「対立する」
という心理学的な効果があるので
デートには不向きである、という理屈。


確かに、初対面の女性と向かい合って
座れば、視線がカチ合うし、お互い
ある程度の緊張感が生まれることはある。


でもそれだけで、心理学的な効果で
言うところの「敵対の心理」が
芽生えるなんてことがあるだろうか?



それに、ひと昔前の「お見合い」なら
ともかく、現代の「デート」であれば・・・


どんな経緯で知り合ったにしろ、
それなりのコミュニケーションを
取ってきたから、デートするまでに
至ったんだろうと思う。


にもかかわらず、たかだか向かい合って
座ったくらいで、緊張するからダメだと
いうのであれば、それは座席の問題では
なく男性側のマインドやスキルの問題だ。


ましてや初デートが失敗したのを
座席位置のせいにするなんていうのは
あまりにも安直だし、暴論に過ぎる。


そりゃ、最初は緊張もあるだろうけど、
会話していくうちに打ち解けて、徐々に
仲良くなっていくのがデートなんじゃ
ないのか?


女性がすごく緊張していたのなら、
それは、男性が女性をジロジロ
見ていたからだ。


女性を楽しませることが出来なかった
のであれば、それは、男性の会話力が
乏しかったからだ。


決して、座る位置のせいではない。


・・・これくらいに、男性側は思って
おいたほうがいい。



たまに、

「男性は真正面から見るより、横顔の
ほうが魅力的に見えるから、横並びに
すわるのが良いです」


なんて理屈が書いてあるサイトも
見かけるが、正直、笑ってしまった。


だって、正面から顔見られたくらいで
NGくらうなら、そもそもデート
できないだろ、っていう(苦笑)



オレは初デートが失敗するというのは
ほぼ、男性のトータル的な魅力不足が
原因と考えていて、座る位置なんてのは
正直、どうでも良いと思っている。



横並びだろうが対面だろうが、上手くいく
時はいくし、失敗するときは失敗する。


かく言うオレも、昔は「横並び説」を
盲信していたので、デートでは
必ず並んで座るようにしていた。


でも最近では(初デートに限らず)、
ほとんどの場合、対面に座ることが
多くなった。


なぜか・・・?



理由はいろいろあるが、一番は

お店選び

だ。


まず、横並びに座るには、カウンターや
カップルシートのあるお店を探し、
席を確保しなければならない。


そうすると、意外なほど、

「デート向きで、かつ横並び席が
あるお店」

が少ないことに気付く。


心理学的には、

「斜めに座るのが良いので、L字型
シートのあるお店を選びましょう」


なんて言われているが、L字型シートの
あるお店なんてもっと少ない。


それに、一見使えそうだと思ったお店でも、
カウンター席は狭かったり、椅子が高くて
座り心地が悪かったり、イマイチな
ところも結構ある。


良いお店が見つかれば、いつも同じところを
使うのも良いけれど、それだと場所だったり
時間帯の問題で、柔軟性がなくなるのだ。


オレは最近では、デートの時、
お店の予約すらほとんどしない。



理由はいま言った通り、柔軟性が
なくなるからで、女の子の遅刻や
急な場所の変更など、デートプランの
変更を余儀なくされる不測の事態に、
臨機応変に対応できなくなるからだ。


女性のその日の気分や、自分への好感度に
よっても行く場所は変えればよいし、
「お店の予約をしています!」と
デートの準備をばっちり仕込んでいる
感じを出すより、

「今日は何食べたい気分?」

とか訊いて、それに合わせて自分のストック
しているお店から、最適なところを選ぶ方が
女性ウケもいい。


※もちろん、予約しないと入れないお店や、
金曜の夜など繁華街でウロウロしたくない
時は、あらかじめ予約することもある


ところが、横並びを最優先させると、
どうしても予約が必須になってくる。


カップルシートなんて、数が少なく予約を
取るのが大変で、突発的なデートには
対応できない。


それ以前に、カップルシートは色々と
オススメできない理由もある。
(理由は後で述べる)


オレは、横並び席があるかどうかより、
「お店の雰囲気」がもっとも重要だと
思っている。


うるさくないか、味はある程度以上か、
駅から遠すぎないか、店員の態度が良いか、等。


デートにどんなお店を選ぶかで、あなたという
人間が判断されるわけだから。


横並び席に座れたとしても、後ろで
学生の集団が騒いでいる状況だったら
最悪なのはわかるだろう。


だからこそ、選択肢を自ら狭めるような
「横並び席があるお店限定で!」
みたいな意識でお店探しをするのは、
根本的にはズレていると、オレは思う。




さて、では次に、

理由2:
体の距離を縮めにくい

という、横並び席を進める理由について
オレの考えを書いていこうと思うが、
長くなったので、続きは次回に。



今回も最後までお読みいただき、
ありがとうございました^^
スポンサーサイト
トラックバック

http://kenyuu33.blog101.fc2.com/tb.php/48-987b6599

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。